煌髪(きらり)で白髪染め体験をしました

煌髪(きらり)で白髪染め体験 10分で染めるのはキツイけど髪はツルツル

いよいよ、煌髪(きらり)で白髪染め体験開始です。今回選んだ色は、ダークブラウンです。

 

煌髪(きらり)が届きました。製品の割には、大きめの箱だなぁと思ってあけてみると、冊子のサイズに合わせた箱だったんですね。煌髪(きらり)のエンジ色って、いいなぁ〜。

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

煌髪(きらり)はルプルプと同じかたちのチューブタイプでした。チューブの裏部分には、使用方法と注意点などが書かれています。表の煌髪の文字色が金色なところが、この製品の意気込みみたいなものを感じます。

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

チューブから、手のひらに直接出してみました。写真くらいで24gあります。液材が、レフィーネヘッドスパより、少し柔らかいなと思いました。

 

 

白髪用カラートリートメント【マリアンナプラス 煌髪(キラリ)】

煌髪(きらり)で白髪染め体験 【1回目】

煌髪(きらり)のサイトを見た時、10分早染めとありました。そして、ちょっと気になったのが、塗布後、ビニールキャップをかぶっていないイラストが載っていたところです。

 

ほとんどの白髪染めは、液材塗布後、ビニールキャップをかぶって放置して下さいとありました。今までの白髪染めは、全て、ビニールキャップ、保温キャップの2枚は必ずつけました。その上に季節や気温の条件で、タオルの保温キャップをかぶったり、湯船でホットタオルをのせて温めたりしました。

 

煌髪(きらり)は、なんにもかぶらなくても染まるのかなぁ〜?

 

その答えは、入ってきた冊子にありました。「より染まりやすくするために、ビニールキャップをかぶるといいですよ」との記載がありました。

 

そうでしょ そうでしょ〜と、これまでの経験からビニールキャップと保温キャップを使用しました。

 

また、「最初のうちはより染まりやすくするのには、放置時間を少し長めにとるといいです」ともありました。

 

でも、あえて放置時間は10分にしました。

 

染める前の髪です

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

さて、レフィーネヘッドスパより少し柔らかい液材ですが、塗布しても液ダレはしません。コーミングする時のクシ通りがものすごくいいです。髪がほとんど抜けません。
ジグザグにコーミングしても、クシがスッ、スッと動きます。

 

臭いは、無臭かなと思いましたが、優しくて甘い感じの香がかすかに香ります。

 

10分放置した後、洗い流しました。色水のキレがいいですね。シャンプー&トリートメントのあと、水気を拭きとった時に、タオルにほとんど色がつきませんでした。

 

煌髪(きらり)白髪染め1回目の髪です

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

結論からいうと、あんまり色が入りませんでした。よぉ〜く見ると、ちょっとだけ色が入っています。

 

使用量24g 使用シャンプー:リマーユシャンプー&トリートメント 室温26度 抜け毛:64本

 

やっぱり、もう少し放置時間を長くした方が良かったと思いました。この時期は、シャワーのみで、湯船につからないので、放置の時の保温力が少ないなと思いました。

 

 

白髪用カラートリートメント【マリアンナプラス 煌髪(キラリ)】

煌髪(きらり)で白髪染め体験 【2回目】

煌髪(きらり)で白髪染め体験の2回目です。

 

あ、そうそう、体験1回目の時、手の汚れの写真をのせていませんでした。公式ページには、素手で染められるとありましたので、素手で染めてみました。

 

きらり 体験

きらり 体験

ご覧の通り、シャンプーをし終わった後の爪の汚れが、ほとんどありません。
確かに素手で染めても大丈夫です。
ただ、爪がのびていたりすると、爪の間に入り込んだ汚れは、若干残ります。
汚れが機になる方や、飲食店や接客業などのは、ビニール手袋を使ったほうがいいかもしれません。

 

さて、2回目は、放置時間を20分とりました。説明書に「初めて染める場合は、放置時間を長めにしてみて下さい」とあった通り、1回目の放置時間が10分では、今ひとつ色の入り方がよくなかったです。

 

そこで、ビニールキャップと、保温キャップの2つをかぶり、20分間放置することにしました。

 

煌髪(きらり)で白髪染め2回目の髪です

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

思った通り、20分放置したら、色が入りました。1回目同様、塗布している時のクシ通りがいいし、色水のキレもいいです。それなのに、2回目の色の入りがいいです。ルプルプと同じくらいの入り具合ですね。レフィーネヘッドスパより色の入りがいいです。

 

使用量21g 使用シャンプー:リマーユシャンプー&トリートメント 室温28度 抜け毛:46本

 

 

白髪用カラートリートメント【マリアンナプラス 煌髪(キラリ)】

煌髪(きらり)で白髪染め体験 【3回目】

煌髪(きらり)で白髪染め体験、3回目です。

 

今回も、塗布後、ビニールキャップ、保温キャップをかぶり、20分放置しました。やはり、シャワーのみで湯船には浸かっていません。

 

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

3回で、上の写真のように染まりました。

 

色の入りがいいです。3回で、白髪にかなり色が入っています。塗布中のコーミングも、相変わらずスムーズです。
色水のキレも相変わらずいいですね。

 

3回で、このくらい染まれば合格です。

 

使用量:23g 使用シャンプー:リマーユシャンプー&トリートメント室温:27度 抜け毛:50本

 

煌髪(きらり)で白髪染め体験 【5回目】

煌髪(きらり)で白髪染め体験は今回で5回目です。今まで試してきた白髪染めは、5回目でかなり色が入ります。それでいて、髪と頭皮に優しいと合格点獲得ですね。
染まりづらい髪質の方なら、なおのこと、色の葉色がいい白髪染めを選び、放置時間を長くしたり、温めたりの工夫をプラスして染めたいですよね。

 

きらり 体験

きらり 体験

きらり 体験

 

上の写真は、シャンプー後の翌日の夕方し撮影しました。ビニールキャップと保温キャップをかぶり20分放置という状態で、シャワーのみの入浴で5回でこのくらい染まれば合格です。

 

また、染めた後の髪のツヤもいいですね。塗布した後、洗い流す時の髪のツルツル感は、ルプルプには及ばないです。でも、色水のキレがいいのは、夏の暑い時のシャワータイムにはうれしいですね。

 

使用量:22g 使用シャンプー:リマーユシャンプー&トリートメント室温:28度 抜け毛:45本

煌髪(きらり)で白髪染め体験 感想と評価

煌髪(きらり)で白髪染め体験をしてきました。5回染めて、かなり色が入りました。6回染めた後、色持ちがどのくらいかな?と試しました。その間シャンプーを花しゃんに変えました。
今、分け目が薄い悩みを解消すべく、女性用抜け毛帽子シャンプーで、自分にあったものを試しています。

 

以前、硫酸系シャンプーとレフィーネシャンプーでは、色持ちが違うことを実感しました。リマーユシャンプー&トリートメント『花しゃん』は、色持ちに大きな差が無いように思います。

 

花しゃんを使用している最中という条件での使用頻度は、白髪の色がちょっとだけ浮いてしまうのが気になる方は、5〜7日に1回をお勧めします。

 

あまり、気にならないという方は、7〜10日に1回をお勧めします。

 

なぜかというと、シャンプーし終わってすぐだと、白髪の色が抜けているのが結構気になるんですが、翌朝になると、色が落ち着いて、白髪の色ぬけが、ほとんど気にならないんですね。

 

あとは、ひとつだけ気になったことがあります。

 

それは、成分の中に、ジメチコンが入っていることです。

 

ジメチコンは、シリコン材の1種なんです。だから、髪の滑りがいいのかな?

 

色々調べてみると、シリコン材を悪者扱いするけれど、髪の滑りを良くする成分だから、これが入らないために、髪が絡まり、ギシギシになってしまう、質のいいシリコン材なら、入っていることで、髪がキレたり、ギシギシになることを防ぐ、というのを発見しました。

 

煌髪(きらり)を使ってみて、なるほどぉと納得しました。

 

 

☆☆☆総合得点  85点☆☆☆

 

 

医大発“髪を育む”白髪染め「煌髪(キラリ)」。使うたびハリ・コシUP!輝くツヤ髪。

 

煌髪(きらり)で白髪染め体験をしました関連ページ

白髪染め煌髪(きらり)を選んだ理由
煌髪(きらり)は、聖マリアンナ医科大学皮膚科チームが開発した白髪染めです。大学の皮膚科チームというところが気になりました。口コミも気になりました。詳細をご覧ください。
キラリとろーりムースに進化したきらりは染まらない?
聖マリアンナ医科大学チームが開発したきらりが2016年11月1日にキラリとろーりムースに進化して発売されました。ノンジアミンなのによく染まるという商品の詳細をチェックしました。
きらりとろーりムース染まらない?口コミの真実を体験してみた
きらりが進化してきらりとろーりムースになりまし。1〜2回でほぼ染まるというのは本当なのか、体験してみました。