きらりとろーりムース染まらない?口コミの真実を体験してみた

きらりとろーりムースで白髪染めを体験しました

きらりとろーりムースが届きました

 

 

注文して3日目にきらりとろーりムースが届きました。
比較的コンパクトなダンボールです。

 

 

中には、きらりとろーりムースの他に、冊子やシャンプー&リンスの
試供品、ビニール手袋、白髪染め用コーム、が入っていました。

 

 

冊子に使い方が記載してありました。
きゃっぷをつけたまま5〜6回、缶を上下に振ってから、缶を真下
にして手袋をjはめた手に適量をとります。

 

 

液剤を出してみると、名前のとおり、トローっとしています。
ムースとクリームの真ん中くらいだと思いました。
四四両の目安に、ミディアムヘアーだとゴルフボール4〜5個が
目安、とありました。

 

 

この量は、クリームタイプに比べると、倍くらいです。
管理人は、ゴルフボール4個分を使いました。
乾いた髪に、と書いてある通り、微イール手袋で、全体に
塗布しました。

 

 

ただ、こめかみの辺りの白髪は、手では塗布しづらかったので
付属の白髪染め用コームを使いました。
トローリとしている液剤なので、液だれしないかと心配でした。

 

 

塗布したきらりとろーりムースを、手袋をつけた手で、クシュクシュ
しながら、髪にもみ込み、最後にコームで全体にまんべんなく
伸ばしました。

 

 

その後、ビニールキャップをかぶり、説明書通りに、ドライヤーを
10分間当てて、髪全体を温めました。

 

 

その上に、保温キャップをかぶって、湯船に10分浸かっていました。
ということで、放置時間は合計20分です。
その間、液だれは全くしませんでした。

 

 

きらりとろーりムースを洗い流したところ、色水の出方は、しつこ
すぎませんでした。
ここで、しっかり洗い流すのは、どのトリートメントタイプの
白髪染めも必要なことですね。

 

 

今回、ダークブラウンをオランダのですが、色水が、ピンク
がかったこげ茶色でした。
個人的には好きな色です。

 

 

さて、シャンプーをしたら、泡が茶色になりました。
これも、ほかの試してみた白髪染めとあまり変わりません。
今回は、いつも使っている、マイナチュレのシャンプーを
使いました。

 

 

シャンプーをしている時と、すすぎの時の指通りが、キュッキュッ
という触り具合です。
シャンプーだけの時は、もっと抵抗がないんです。

 

 

今までの経験から、キュッキュッという感触の時は、
髪の仕上がりがいい時なんです。
これは期待できるなあと思いました。

 

 

シャンプー後のすすぎもしっかりしたからなのか
おhるから上がって、髪の水気を拭き取ったタオルに
白髪染めの色は、ほとんど付きませんでした。

 

 

ドライヤーで乾かしてみると、白髪が、かなり目立たなく
なっています。
正直言って、白髪が、すっかり染まってはいませんが、
確かに色の入りがいいです。

 

 

染める前の髪と頭皮の電子顕微鏡写真です

 

 

1回目が終了したあとの髪と電子顕微鏡写真です。

 

 

 

髪全体のトーンが、ピンク系焦げ茶色になりました。
しかも、ハリ・コシが出て、ツヤも出ました。
今まで、ズボラをして白髪染めをサボっていたことを
反省しました。

 

室温は27度、抜け毛は205本でした。
抜け毛の本数が多いのは、シャンプーの感覚を4日間も開けてしまったからです。
管理人の場合の標準的な抜け毛の本数です。

 

 

きらりとろーりムース公式ページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

きらりとろーりムース体験2回目

きらりとろーりムース2回目は、5日後になりました。
結論から言うと、色がしっかり入りました。
すごく嬉しいびっくりです。

 

 

 

今回は、きらりとろーりムースを1回目よりもたっぷりと
使いました。
前回同様、こめかみ辺りの白髪は、クシでたっぷりと
塗布しました。

 

 

前回で、液だれの心配がないとわかったので、全体に
たっぷりと、クシュクシュともみ込みました。
そして、1回目と同じく、ビニールキャップをかぶって
ドライヤーを10分間当てて、保温キャップをかぶって
10分放置しました。

 

 

今回は、おまけに付いてきたシャンプーとコンディショナー
を使ってみました。
すると、シャンプーの時の手触りが、スムーズでした。
シャンプーした時の泡の色が、マイナチュレのシャンプーの
時よりも、すこし濃い目でした。

 

 

すっかりすすいで、トリートメントをつけてからすすぎを
すると、髪の手触りが、マイナチュレの時と同じく、キュッ
キュッといういい感じになりました。

 

 

ドライヤーをかけて仕上がりを見ると、色がしっかり入って
髪にもツヤが出ています。コシに関しては、マイナチュレの
シャンプーだけの時の方がありました。

 

 

前回、余りにもしばらくぶりで白髪染めをしたので、何グラム
使ったかを計るのを忘れてしまいましたが、今回はちゃんと
計りました。

 

 

結果は、17グラムでした。
ムースタイプって、ものすごくたっぷり使ったのに、計ってみると
意外と少ない使用料なんですね。

 

 

ただ、ちょっと気になったのが、抜け毛の本数です。
なんと、293本も抜けていました。
間が5日間も空いたことと、使うシャンプーを変えると、
最初のうちは、抜け毛が増える、ということは、実験済みです。

 

 

試供品のシャンプーとコンディショナーは、私の髪だと
4回使えるので、その都度、抜け毛を数えてみますね。

 

 

それにしても、たった2回で、しっかり染まる上、髪と頭皮
にやさしいなんて、きらりとろーりムースってすごいと思いました。

 

 

きらりとろーりムース公式ページへ

 

 

 

 

 

 

 

色落ちはどうなのか?

さて、たった2回で色が入ったキラリとろーりムースですが、
色落ちはどうなんでしょうか?
クリームタイプのときは、色が入りやすいけれど、抜けるのも
早めでした。

 

 

 

今回は、4日間空いて、シャンプーをしました。
すると、やはり色が結抜けたという印象を持ちました。
シャンプーは、試供品を使いました。
すると、抜け毛は、371本と、ものすごく多くてびっくり
しました。

 

 

ところが、翌日、入浴することができて、シャンプー
したところ、わずか32本だったんです!
逆の意味でびっくりしました。

 

 

なので、毎年、冬になると、体調がすぐれず、入浴の
間隔も、どうしても4〜5日空いてしまうのが、抜け毛の
本数に現れてしまうんですね。

 

 

色落ちのほうは、前回に比べると、少なかったので、
シャンプーのたびに、抜ける色は、そんなにたくさん
ではないことがわかりました。

 

 

 

そして、いつものマイナチュレでシャンプーをして
さすがに7回目になると、かなり色落ちが目立ちます。
個人差や季節によって違うようですが、5〜7回
シャンプーしたら、染めたほうがいいようです。

 

 

きらりとろーりムース公式ページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらりトローリむーすを受かってみた感想

名前の通り、ムースタイプだけれど、トローリとしていてる液剤は、
ムースタイプとクリームタイプの中間というところですね。

 

クリームタイプばかりで白髪染めをしてきた管理人にとっては、
とても扱いやすかったです。
mた、おまけに入ってきたビニール手袋が、泡を出すボタンを押すにしても
髪についた液剤をクシュクシュするにしても、扱いやすかったです。

 

色の入りも、わずか2回でほぼそもったところが、すごいなあと思いました。
ただ、色落ちに関しては、クリーmタイプで、夏に染めたときと同じく
やや早めですね。

 

仕上がりの髪のツヤやふわっとした状態は、すごくいいなと思いました。
キラリとろーりムースの液剤は、手の平に出して、髪に乗せるときも、
かみにんじませるためにクシュクシュするときも液ダレしないところが
とても扱いやすかったです。

 

 

管理人のようにクリームタイプばかり扱ってきて、泡タイプの扱いに慣れていない
方には、お勧めです。

 

きらりとろーりムース公式ページへ

 

 

 

きらりとろーりムース染まらない?口コミの真実を体験してみた関連ページ

白髪染め煌髪(きらり)を選んだ理由
煌髪(きらり)は、聖マリアンナ医科大学皮膚科チームが開発した白髪染めです。大学の皮膚科チームというところが気になりました。口コミも気になりました。詳細をご覧ください。
煌髪(きらり)で白髪染め体験をしました
聖マリアンナ医科大学皮膚科チームが開発した白髪染め煌髪(きらり)で、白髪染め体験をしました。 髪がツルツルで、抜け毛を気にせず染められます。
キラリとろーりムースに進化したきらりは染まらない?
聖マリアンナ医科大学チームが開発したきらりが2016年11月1日にキラリとろーりムースに進化して発売されました。ノンジアミンなのによく染まるという商品の詳細をチェックしました。