資生堂プリオールカラーコンディショナー 体験

資生堂プリオールかあーコンディショナーが届きました

資生堂プリオールカラーコンディショナーが届きました。

 

 

プリオールシリーズの紹介冊子が入ってきました

 

注文したシャンプー付きの白髪染めはこれです

 

袋から出しました

 

裏側です

 

キャップを開けてみました

 

今回は、シャンプーのおまけ付きが、ダークブラウンしかありませんでした。
でも、この単位の注文で、送料無料ってすごいですね。

 

プリオール体験【1回目】

さて、いよいよ、プリオールの体験開始です。

 

説明を読むと、シャンプー後、コンディショナーとして使って
とのこと、コーミングもしなくてもいい、手で塗布していって、
放置はできればしたほうが、色のはいりがいいです、とありました。

 

今までのトリートメントタイプの白髪染めとは、随分違うなと思いました。

 

さて、まずは、シャンプーから。
トロっとした、白い色のシャンプーです。

 

 

髪の触り心地は、ちょっとキシっとした感じです。
このさわり心地は、ドライヤーで乾かすとふわっとするタイプですね。

 

シャンプー後、100円ショップで買った、吸水タオルで、水気を拭き取り
大雑把な感じで、液剤を塗布しました。

 

こめかみの白髪は、やっぱりてだけでは塗布しずらいです。
ほかのトリートメント同様、手で塗布してください、と書いてあったとおり、
塗布しました。

 

臭いが、石鹸のような香りです。
塗布が終わると、髪がちょっとカチッと固まったような感じになりました。

 

このまま、ビニールキャップも付けず、15分放置しました。

 

すすいでみると、色水のキレがいいです。
でも、シャンプー後塗布するタイプは、相当しつこく洗い流さないと
頭皮に液剤が残ってしまいます。

 

頭皮をこすりすぎないようにしながら、かなりしつこく洗い流しました。

 

いつものことですが、シャンプーを変えると、一時的に、抜け毛が増えて
皮脂が、結構頭皮に残ります。
そして、髪がキシキシします。

 

では、染める前の髪です

 

プリオール体験1回目の髪です

 

 

写真では、わかりづらいですが、ほんの少し色が入りました。
ただ、心配したとおり、頭皮に、わずかですが、液剤が残ってしまいました。

 

でも、あんなにアバウトな感じで使ったのに、少しですが、色が入ったなんてびっくりです。

 

 

使った液剤:14グラム   抜け毛:171本   室温:29度

 

 

プリオール公式サイトへ

プリオール体験【2回目】

資生堂プリオール、白髪染め体験2回目です。

 

昨日に引き続き、まず、シャンプーをして、水気を拭き取り
塗布しました。

 

今回は、こめかみの部分に、ナチュラインカラートリートメントについてきた
小さなクシを使い、ほかの部分は、白髪染め用のクシで塗布しました。

 

クシを使うと、手がほとんど汚れません。

 

液剤が、ちょっとザラっとしているので、クシでの塗布は、大雑把な感じに
なりました。

 

この状態で、やはり、15分放置してから流しました。
やっぱり、色水のキレはいいです。

 

2回目の髪です

 

 

 

また少し、色が入りました。
やはり、ビニールキャップもかぶらないし、熱心にコーミングしないのに
色が入るのは、びっくりです。

 

ただ、やはり、かなり、すすいだつもりでも、液剤が頭皮に
残ってしまいました。

 

頭皮写真の右はじは、右のこめかみ部分です。
どうやら、右のこめかみ部分のすすぎを、あまり熱心にしなかったようです。

 

頭皮全体が、この状態ではないんですよ。
次回は、ちゃんとすすぎ残しがないようにしなくちゃ。

 

使った液剤:13グラム   抜け毛:43本   室温:30度

 

 

 

 

 

プリオール体験【3回目】

資生堂プリオールカラーコンディショナー3回目の体験です。

 

いつもの通り資生堂のシャンプーを使いました。
少し、髪に馴染んできたようで、髪の触り心地が柔らかくなってきました。

 

そして、いつものように、100円ショップで買った、吸水力抜群のタオルで
水気を拭き取りました。

 

レフィーネのときのように、ちょっと液剤が少ないかな?
と思ったので、今回は、大山盛りにして、たっぷり使ってみました。

 

21グラムも使ったらば、多すぎて、すすぎの時に、かたまりで
落ちてきたのもありました。

 

でも、プリオールは、かなり一生懸命すすいでいるせいか、タオルへの
色移りがまたくありません。

 

そして、3回目の髪です

 

 

また少し、色が入りました。
電子顕微鏡の写真でも、白髪に少し色が入ったものを確認できました。

 

使った液剤:21グラム   抜け毛:83本  室温:29度

 

 

プリオール公式サイトへ

プリオール体験【4回目】

資生堂プリオール体験4回目です。

 

今日まで順調に、毎日染める凍が出来ています。
毎回、こんな染め方でいいの?というくらい、大雑把に塗布しています。

 

そして、ビニールキャップもかぶらずに、10分程度放置しています。
昨日、プリオールをはりきって、沢山使いすぎたので、
今回は、15グラムに戻しました。

 

私の髪には、大さじ1杯の15グラム程度が、ちょうどいいようです。

 

相変わらず気をつけていることは、すすぎをしっかりとすることです。

 

4回目の髪です

 

 

また少し、色が入りました。

 

プリオールを使うたびに、少しづつ色が入っていきます。

 

白髪も台分目立たなくなってきました。

 

使った液剤:16グラム  抜け毛:51本  室温:28度

プリオール体験【5回目】

資生堂プリオール体験5回目です。

 

今回は、順調に毎日白髪染め体験が出来ています。

 

真夏で熱いので、毎日シャワーを浴びないと、体がベタベタして
気持ち悪いというのが、一番大きな理由dすね。

 

それと、プリオールがとても手軽に使えるという点です。

 

5回目の髪です。

 

 

 

益々、色が入ってきています。
ただ、白髪は大分目立たなくなりましたが、すっかり染まってはいません。

 

使った液剤:14グラム  抜け毛:32本  室温:29度

資生堂プリオールカラーコンディショナーのな止めと総合評価

資生堂プリオールカラーコンディショナーの総合評価は94点

 

1位のルプルプとわずか1点差です。

 

資生堂プリオールカラーコンディショナーのいい点

 

  • コンディショナーとして使うだけなので、染めるのがとても簡単
  • 毎日使っても髪と頭皮が傷まない
  • 値段が安い

 

液剤がちょっと硬めなせいか、液だれがないし、せいぜい長くても10分間放置するだけで
色が入っていきます。

 

すすぎが終わったあと、タオルで水気を拭き取ってから
ドライヤーで乾かすと、色移りが全くなかったんですね。

 

本当に楽ちんな白髪染めです。

 

資生堂プリオールカラーコンディショナーの悪い点

 

すすぎが大変

 

 

これは、シャンプーご塗布するタイプぜんぱんに言えることです。

 

シャンプー後の塗布は、すすぎに管理の時間を費やさないと
液剤がわずかですが、当否に残ります。

 

プリオールカラーコンディショナーの場合は、一度、強めに
頭皮全体を指の腹でこすらないといけなかったです。

 

なにも、ゴシゴシとこするわけではないのですが、
薄毛が気になる管理人の場合、薄毛が気になる頭頂部は
たとえ1度霧といえども、強めに擦りたくないんです。

 

なぜかというと、TVで見たことですが、薄毛の部分は、
髪が生えてくる時は、髪がまだ弱いので、ちょっとくするだけで
抜けやすい、とのことでした。

 

ですから、薄毛が気にならない方には、全く問題がないことです。

 

この点が、ルプルプに1点おやばなかった理由です。

 

自宅でこんなに楽ちんに白髪染めができるのは
今のところ、プリオールカラーコンディショナーが一番です。

 

 

プリオール公式サイトへ

資生堂プリオールカラーコンディショナー 体験関連ページ

資生堂プリオールカラーコンディショナー詳細
資生堂プリオールカラーコンディショナーの詳細ページです。商品のポイント、全成分、価格などを調べました。
資生堂プリオールカラーコンディショナーNに進化した全成分
資生堂プリオールカラーコンディショナーが、2016年8月21日に生まれ変わりました。より進化した資生堂プリオールカラーコンディショナーNの進化した点と全成分を詳しく解説します。