ルプルプとレフィーネヘッドスパどっちがいいのか?

ルプルプとレフィーネヘッドスパは、どちらも人気が高いんです

髪と頭皮に優しい白髪染めとして、ルプルプと

レフィーネヘッドスパのどっちがいいのか迷う方が多いです。

 

まず、色の入りは、ルプルプのほうがいいです。

 

ルプルプは、3回染めると、ほぼ染まります。
対して、レフィーネヘッドスパは、4〜5回というところですね。

 

髪が固くて染まりづらい方は、ルプルプを使ってみては
どうかと思います。

 

髪のサラサラ度は、ルプルプの方が上ですが、コシがあるのは
レフィーネヘッドスパです。

 

塗布のしやすさは、どちらも同じですが、レフィーネヘッドスパは、
育毛成分なども配合してあることから、頭皮につけて
ヘッドマッサージをしましょう、という白髪染めなんですね。

 

ルプルプも低刺激で、髪と頭皮に優しいのですが、
さすがに、頭皮につけてもいい、という説明ではないですね。
ただ、40分放置しても、髪と頭皮は傷みませんでした。

 

薄毛の悩みもある管理人としては、頭皮に液剤がついても
いいですよ、というレフィーネヘッドスパは、安心して
白髪染めができました。

 

 

白髪染めは、なかなか明るい色がないのですが、
レフィーネヘッドスパは、レフィーネと混ぜて使える
ということもあり、色のバリエーションが豊富で、
やや明るめに染めることができます。

 

 

管理人のお気に入りの栗の実のような黄色みがかった
茶色に染めることが出来るのは、レフィーネヘッドスパ
だけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

色を混ぜて使えるレフィーネVSやや暗めに染まるルプルプ

色みという点では、ルプルプはちょっと暗い色に仕上がります。

ですから、白髪染め初心者の方は、自毛に近い色に
染まるので、おすすめです。

 

 

ただ、カラーリングをずっとしていた、明るい色に染めていた
という方にとっては、仕上がりがやや暗いところが
ちょっと残念なんですね。

 

 

 

色持ちは、ルプルプの方が少しいいです。
この少しの差が、長く使っていくうちに開いていく
こともありますね。

 

 

管理人は、ルプルプとレフィーネヘッドスパを2週間おきに
交互に使っているという方を知っています。

 

理由は、染まった時の色なんですね。

 

ルプルプは、使っていて一番いいけれど、染まった色が
ちょっと暗めになるので、レフィーネヘッドスパで明るめの
色に染まるように調整しているとのこと。

 

 

そこで、両方の会社に電話をして、この使い方について
尋ねてみました。

 

 

そうしたところ、両者から、できれば、他社の製品と
交互に使わないほうがいいとの回答を得ました。

 

 

なぜかというと、他社の製品を使うと、髪が緑色に
染まってしまう危険性があるからです。

 

 

この方の場合は、髪にトラブルがないので、今の頻度で
使って様子をみてもいい、とのことでした。

 

 

結局、どちらがいいかは、好みの色に染まるか、
髪質はどうか、自毛の色はどうか、という点で
選ぶといいですよ。

色を混ぜて使えるレフィーネVS自毛に近い色に染まりやすいルプルプ

白髪染めは、黒髪の部分を染める時に、ブリーチなどをしない

ため、明るい色に染めると、黒髪の部分が、明るく染まり
づらいんですね。
また、染める色を少しでも明るくしようと、色を混ぜて使う
ということができないんですね。

 

そんな中、レフィーネとレフィーネヘッドスパだと色を混ぜて使えるんですよ。
流石に金髪のような色には染められませんけれどね。
管理人は、レフィーネのマロンブラウンとレフィーネヘッドスパのマロンブラウンを
混ぜて使いました。

 

 

白髪染めをしていて、ブラウン系で染めると、髪が赤系の焦げ茶色になってしまう
という方が多いようです。
これは、髪質にもよるのですが、レフィーネとレフィーネヘッドスパだと、色が混ぜて
使えるので、管理人は、黄色系茶色に染めることができました。

 

 

ルプルプのダークブラウンは、少々暗い色に染まるという口コミはありますが、
赤系の茶色ではないですね。
落ち着いた焦げ茶色になりますので、髪が見る角度によっては赤く見える
ということがありません。

 

ただ、レフィーんr意外のほかのトリートメントタイプの白髪染め同様、色を混ぜて
使うことはできません。
色を混ぜて使うと、染めあがりが、まだらになるんです。
ダークブラウンとブラウンを混ぜて染めると、ダークブラウンに染まる部分と
ブラウンに染まる部分に分かれてしまうということなんです。

 

自宅で染めるタイプの白髪染めでレフィーネとレフィーネヘッドスパのように
色を混ぜて使えるというのは画期的なことなんですよ。

 

落ち着いた色に染まるルプルプと色を混ぜて使えるレフィーネヘッドスパ、
どちらも魅力的ですね。

微アルカリ性VSヘッドマッサージ

ルプルプは、髪が傷まないけれど、色の入りがいいということを実現するために、
微アルカリ性というPHに調整されています。

 

市販の1剤、2剤をまぜてつかうといぷの白髪染めは、アルカリ性なんですね。
色のはいりはいいけれど、髪が傷むPHなんですよ。
かと言って弱、酸性だと、髪は痛みませんが色のは入りが悪いんですね。

 

 

そこで、ちょっとだけキューティクルを開いて、いろがはいりやすくしつつ、
髪を傷めないという絶妙なバランスが微アルカリ性というルプルプ独自の
PHなんですね。
実際、液剤を洗い流し、シャンプーをしたときの髪のなめらかさは、ルプルプが
一番でした。

 

 

一方、レフィーネヘッドスパのすごいところは、地肌につけてもいいという点ですね。
育毛に効果が期待できる成分を配合して、液剤をつけてヘッドマッサージを
してください、という点です。

 

殆どの白髪染めは、できるだけ地肌に付かないように塗布してください、という
説明が記載されています。

 

 

ですから、いまのところ、地肌についてもいいですよ、というのは、レフィーネヘッドスパ
だけのようです。
これは、管理人のような大雑把な性格にはとてもありがたいことです。
頭皮って、意外と凝って固くなっている場合があるんですね。

 

 

白髪染めをするときにヘッドマッサージををすることを週間にしておけば、
頭皮を柔らかくして、血行が悪くならいようにすることは、薄毛や抜け毛の
防止にもつながりますね。

 

ルプルプとレフィーネヘッドスパどっちがいいのか?関連ページ

あさイチでヘアカラー剤のアレルギーが特集されました
2015年10月27日のNHKあさイチで アレルギーを起こすヘアカラーの成分に ついて、放送されました。 その内容をまとめました。
ジョブチューンで見たシャンプー法とまごはやさしい
2015年11月14日のジョブチューンで 薄毛にならないシャンプー方法が紹介されました。 その他にも風呂上がりに、薄毛にならないために やってはいけないことや薄毛になる原因、薄毛に ならない効果的な食べ物などを放送していました。 以下に、放送内容をまとめました。
生理中の白髪染めはやめたほうがいいの?
生理中の白髪染めはしないほうがいいとされています。なぜでしょうか?また、使ってもいい白髪染めってあるんでしょうか?
白髪染めをしている人の悩みは髪が傷むだけ?
白髪染めをしている人の悩みは、髪が傷むのではないかというのが一番多いようですが、他にも様々な悩みがあるようです。
利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしてパーマはOK?
利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしたら、パーマをかけるとどうなるのでしょうか?調べました。
利尻ヘアカラートリートメントとヘナで白髪染めの比較
利尻ヘアカラートリートメントは髪と頭皮にやさしい白髪染めとして人気がありますが、同じく低刺激で人気のヘナと比較してみました。
ルプルプは色を混ぜて使うことができるのか
ルプルプで白髪染めをすると、色がやや暗めに染まるという方がいます。そこで、ルプルプ同士で色を混ぜて使うことができるのかを調べました。
ルプルプで白髪染めをしてパーマをかけるとどうなる?
ルプルプで白髪染めをしてパーマを掛けることができるのでしょうか?なにかトラブルが起きるのでしょうか?
男性だって白髪染め白髪染めのコツを知りたい
男性も自宅で白髪染めをする方が増えています。髪と頭皮を傷めない トリートメントタイプの白髪染め。男性が白髪染めをする時のコツを紹介します。
利尻ヘアカラートリートメントは薬局でも買えるけれど
利尻ヘアカラートリートメントは薬局やスーパーでも買えますね。公式ページで買うのとどちらがお得に買えるんでしょうか?
利尻ヘアカラートリートメントでアレルギー反応は全くでないの?
髪と頭皮に優しい利尻ヘアカラートリートメントですが、使用した方の中にはかゆみやかぶれがでて使用を中止したという方がいますので、調べてみました
人気の白髪染めルプルプと煌髪(キラリ)を実際に体験してみて比較
トリートメントタイプの白髪染めで人気の高いルプルプろきらりを染まり具合で比較しました。
ルプルプの人気色は?モカブラウンの評判は?
ルプルプの人気色はどの色なのでしょうか?また、モカブラウンの評判はどうなんでしょうか?
夏の汗の水分で白髪染めが色落ちするのを防ぐには
夏の汗やプールなどの水分や、一日に何度もシャンプーすることで白髪染めが色落ちすることがあります。防ぐ方法をまとめました。
利尻ヘアカラートリートメントの色混ぜることはできるの?
利尻ヘアカラートリートメントは、色を混ぜて使うことができる白髪染めなのでしょうか?
利尻カラーシャンプーで白髪染めを簡単にする母は82歳
高血圧や父の介護に忙しい82歳の高齢の母は、利尻カラーシャンプーでの白髪染めが簡単で、抜け毛も減ってきたと愛用しています。。
利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちしないの?
利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプの白髪染めです。夏な暑い時、大量に汗をかくと色落ちしないのでしょうか?
玉髪の染まり具合はたっぷり使わないとどうなる?
玉髪ヘアカラートリートメントは、81歳になる母に試してもらいました。あまりしっかり染まりたくないたケチケチに使った結果からわかったことがあります。
利尻へアカラ−トリートメントの苦情を実際に使用して考えた
利尻ヘアカラートリートメントは、発売以来大人気の白髪染めです。それだけに、苦情も多いのも事実です。実際に使用した管理人が考えました。
白髪染め資生堂プリオールに発がん性の心配があるのは何故?
資生堂プリオールは、発売以来大人気の白髪染めです。一方、発がん性を心配する声が多いのはなぜでしょうか?
ルプルプで白髪染めをする時に使うシャンプーは何がいい?
ルプルプで白髪染めをする時に使うシャンプーは何がいいのでしょうか?猫っけの管理人の感想です。
ルプルプを毎日使う必要があるのでしょうか
ルプルプは、1回では染まらないトリートメントタイプの白髪染めですが毎日使う必要があるのでしょうか?体験から判断しました。
ルプルプの初回限定1本の注文で送料が無料になりました
ルプルプの初回限定の送料が1本でも無料になりました。東急ハンズでも買うことができますが、初回限定ですと1890円、送料無料で手に入ります。
ルプルプをシャンプー後にトリートメントとして使う
白髪染めルプルプをシャンプー後の濡れた髪にトリートメントとして使う時の注意点はどんなことなのかを解説します。
ルプルプで白髪染めをしたら頭皮にかゆみが出たという方へ
頭皮に刺激のあるジアミンやパラベンなどを一切使わず低刺激の白髪染めのルプルプですが、中には頭皮にかゆみが出たという方がいます。その理由を考えました。
利尻ヘアカラートリートメントが改良され色が入りやすいです
利尻ヘアカラートリートメントが改良されました。ヘアマニキュアタイプであることは変わりないですが、色も増え、どんな点が改良されたのかを解説します。
利尻ヘアカラートリートメントでできた風呂場の汚れを取る
利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなどは、洗面所や浴室で、液剤をうっかり落としても、すぐにすすげば、汚れは、簡単に落ちますが時間が経ってしまった汚れは、落とすのにコツがあります。
白髪染めの色が抜けてくると白髪がキラキラしてくるのは何故
白髪染めをしていて、色が抜けてくると、白髪がキラキラしてくる理由とトリートメントタイプの白髪染めを使う理由をお伝えします。