ルプルプクリームタイプと泡タイプはどちらがおすすめ?

ルプルプ泡タイプとクリームタイプを体験して比較

がごめ昆布エキス配合で大人気のルプルプに泡タイプが
加わりました。
そこで、両方を体験してみました。
それぞれに若干の違いがありますので、比較しました。

 

 

クリームタイプ

 

色 ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ソフトブラック
  ブラック
内容量 200g
価格 初回限定1,980円(税込)送料無料
染まるまでの回数 3〜5回
色持ち 7〜10日

 

泡タイプ

 

色 ダークブラウン、ブラック   
内容量 80g
価格 初回限定1,980円(税込)送料540円
染まるまでの回数 2〜3回
色持ち 5〜7日

 

 

 

塗布の仕方を比較

 

泡タイプの白髪染めは、手でもみこむか、専用のブラシに出して
スッと髪をなぞるようにして塗布します。
泡が髪に密着するので、まんべんなく塗布するのが簡単です。

 

 

一方クリームタイプは、専用のクシで、頭をブロックに分けて、
少しづつ塗布していきます。
髪を上から下にブラッシングする要領では、液剤が、まんべんなく
つきません。

 

 

液剤をしたから上にブラッシングもして塗布する必要があります。
慣れない時は、ちょっと大変でした。
でも、慣れてしまえば、それほど大変ではありませんよ。

 

 

むしろ、クリームタイプの白髪染めに慣れていたので、
泡タイプのルプルプを最初に塗布いた時に、うまくいきませんでした。
それこそ、慣れたら、簡単に塗布することができました。

 

 

放置時間や放置の方法はどちらも同じです。
管理人は、ルプルプヘアカラーフォームと、キラリとろーりムースを
比較するために、ルプルプヘアカラーフォームを塗布した後、
ビニールキャップをかぶり、ドライヤーで10分間、温風をあてました。

 

 

すすぎは

 

すすぎは、ルプルプヘアカラーフォームのほうが、楽でした。
それは、液剤の塗布量がクリームタイプに比べると、少なくて
済むからだと思います。

 

 

クリームタイプのほうが、塗布量が多くなりますので、
その分、すすぎには時間がかかりました。

 

 

色水の色は、両方ともダークブラウンでしたので、同じ色でした。
すすぎのコツは、どちらも色水が出なくなってすぐに、すすぎを
やめるのではなく、もう少し、透明のままづづぐのがコツでう。

 

 

正確な時間は、計っていませんが、透明の水になってから30秒
位は、すすぐといいですよ。

 

 

シャンプーをした時の比較

 

シャンプーをすると、液剤が少し色落ちします。
この時のシャンプーの泡の色は、同じくらいです。
コーヒー牛乳のような色でした。

 

 

髪の手ざわりは、クリームタイプのほうが、柔らかくてサラサラ
でした。
泡タイプのほうも、柔らかな手ざわり、ですが、クリームタイプ
ほどではありませんでした。

 

 

仕上がりの比較

 

泡タイプもクリームタイプも、タオルドライした時に、ほんの少し
タオルに色が移りました。
すぐに洗濯すると落ちる程度でした。

 

 

ドライヤーをかける時の、髪の手ざわりは、どちらも同じでした。
髪をすっかり乾かした時のフワッとした感じも、ほとんど差が
ありませんでした。

 

 

ほんのわずかですが、クリームタイプのほうが柔らかいような
気がします。

 

 

髪がツヤツヤでフワフワなのは、さすが、ルプルプですね。

 

 

色持ちの比較

 

色持ちについては、ルプルプヘアカラーフォームが5〜7日、
クリームタイプは7〜10日くらいです。

 

 

クリームタイプのほうが色持ちは、長いですね。
泡タイプのほうは、ゼインというトウモロコシ由来の成分が
配合されていることで、色持ちを良くしている、とのことです。

 

 

ですが、泡タイプのほうが、クリームタイプに比べて、塗布量が
少なくて済む代わりに、クリームタイプよりは、色持ちが
短いのではないかと思います。

 

 

ただ、キラリとろーりムースに比べると、ルプルプヘアカラー
フォームのほうが、少し色持ちがいいですね。

 

 

結局どちらがいいの?

 

結局どちらがいいかと尋ねられると、う〜ん難しい!

 

 

とにかく1日でも早く染めたいならば、泡タイプですね。
コスパで選ぶなら、クリームタイプです。

 

 

染めやすさについては、どちらも慣れてしまえば、楽チンです。
ただ、おおざっぱで、時間が少しでも短い塗布の仕方が
できるのは、泡タイプのほうです。

 

 

男性には、泡タイプのほうが扱いやすいかもしれませんね。
女性も、あまり長い時間お風呂に入っているのが苦手だと
いう方は、すすぎの時間が短くて済むという点で、泡タイプが
良いかも知れません。

 

 

ただ、色持ちは、クリームタイプのほうがいいので、
白髪染めをする頻度、という点では、クリームタイプに
軍配が上がります。

 

 

泡タイプがダークブラウンとブラックの2色しかありませんが、
この2色については、最初に泡タイプで、染めて、その後、
クリームタイプに変えて使うというのが、1日でも早く、
色が入って、その後のリタッチで、クリームタイプを使って
いくという方法がありますよ。

 

 

ルプルプクリームタイプの体験ページへ

 

ルプルプ泡タイプの体験ページへ

 

キラリとろーりムースの体験ページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

ルプルプクリームタイプと泡タイプはどちらがおすすめ?関連ページ

あさイチでヘアカラー剤のアレルギーが特集されました
2015年10月27日のNHKあさイチで アレルギーを起こすヘアカラーの成分に ついて、放送されました。 その内容をまとめました。
ジョブチューンで見たシャンプー法とまごはやさしい
2015年11月14日のジョブチューンで 薄毛にならないシャンプー方法が紹介されました。 その他にも風呂上がりに、薄毛にならないために やってはいけないことや薄毛になる原因、薄毛に ならない効果的な食べ物などを放送していました。 以下に、放送内容をまとめました。
生理中の白髪染めはやめたほうがいいの?
生理中の白髪染めはしないほうがいいとされています。なぜでしょうか?また、使ってもいい白髪染めってあるんでしょうか?
白髪染めをしている人の悩みは髪が傷むだけ?
白髪染めをしている人の悩みは、髪が傷むのではないかというのが一番多いようですが、他にも様々な悩みがあるようです。
ルプルプとレフィーネヘッドスパどっちがいいのか?
ルプルプとレフィーネヘッドスパは、どちらも人気の高い白髪染めです。どちらが、どのような点で選ぶのか、体験してみた点からおすすめのポイントをまとめました。
利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしてパーマはOK?
利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしたら、パーマをかけるとどうなるのでしょうか?調べました。
利尻ヘアカラートリートメントとヘナで白髪染めの比較
利尻ヘアカラートリートメントは髪と頭皮にやさしい白髪染めとして人気がありますが、同じく低刺激で人気のヘナと比較してみました。
ルプルプは色を混ぜて使うことができるのか
ルプルプで白髪染めをすると、色がやや暗めに染まるという方がいます。そこで、ルプルプ同士で色を混ぜて使うことができるのかを調べました。
ルプルプで白髪染めをしてパーマをかけるとどうなる?
ルプルプで白髪染めをしてパーマを掛けることができるのでしょうか?なにかトラブルが起きるのでしょうか?
男性だって白髪染め白髪染めのコツを知りたい
男性も自宅で白髪染めをする方が増えています。髪と頭皮を傷めない トリートメントタイプの白髪染め。男性が白髪染めをする時のコツを紹介します。
利尻ヘアカラートリートメントは薬局でも買えるけれど
利尻ヘアカラートリートメントは薬局やスーパーでも買えますね。公式ページで買うのとどちらがお得に買えるんでしょうか?
利尻ヘアカラートリートメントでアレルギー反応は全くでないの?
髪と頭皮に優しい利尻ヘアカラートリートメントですが、使用した方の中にはかゆみやかぶれがでて使用を中止したという方がいますので、調べてみました
人気の白髪染めルプルプと煌髪(キラリ)を実際に体験してみて比較
トリートメントタイプの白髪染めで人気の高いルプルプろきらりを染まり具合で比較しました。
ルプルプの人気色は?モカブラウンの評判は?
ルプルプの人気色はどの色なのでしょうか?また、モカブラウンの評判はどうなんでしょうか?
夏の汗の水分で白髪染めが色落ちするのを防ぐには
夏の汗やプールなどの水分や、一日に何度もシャンプーすることで白髪染めが色落ちすることがあります。防ぐ方法をまとめました。
利尻ヘアカラートリートメントの色混ぜることはできるの?
利尻ヘアカラートリートメントは、色を混ぜて使うことができる白髪染めなのでしょうか?
利尻カラーシャンプーで白髪染めを簡単にする母は82歳
高血圧や父の介護に忙しい82歳の高齢の母は、利尻カラーシャンプーでの白髪染めが簡単で、抜け毛も減ってきたと愛用しています。。
利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちしないの?
利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプの白髪染めです。夏な暑い時、大量に汗をかくと色落ちしないのでしょうか?
玉髪の染まり具合はたっぷり使わないとどうなる?
玉髪ヘアカラートリートメントは、81歳になる母に試してもらいました。あまりしっかり染まりたくないたケチケチに使った結果からわかったことがあります。
利尻へアカラ−トリートメントの苦情を実際に使用して考えた
利尻ヘアカラートリートメントは、発売以来大人気の白髪染めです。それだけに、苦情も多いのも事実です。実際に使用した管理人が考えました。
白髪染め資生堂プリオールに発がん性の心配があるのは何故?
資生堂プリオールは、発売以来大人気の白髪染めです。一方、発がん性を心配する声が多いのはなぜでしょうか?
ルプルプで白髪染めをする時に使うシャンプーは何がいい?
ルプルプで白髪染めをする時に使うシャンプーは何がいいのでしょうか?猫っけの管理人の感想です。
ルプルプを毎日使う必要があるのでしょうか
ルプルプは、1回では染まらないトリートメントタイプの白髪染めですが毎日使う必要があるのでしょうか?体験から判断しました。
ルプルプの初回限定1本の注文で送料が無料になりました
ルプルプの初回限定の送料が1本でも無料になりました。東急ハンズでも買うことができますが、初回限定ですと1890円、送料無料で手に入ります。
ルプルプをシャンプー後にトリートメントとして使う
白髪染めルプルプをシャンプー後の濡れた髪にトリートメントとして使う時の注意点はどんなことなのかを解説します。
ルプルプで白髪染めをしたら頭皮にかゆみが出たという方へ
頭皮に刺激のあるジアミンやパラベンなどを一切使わず低刺激の白髪染めのルプルプですが、中には頭皮にかゆみが出たという方がいます。その理由を考えました。
利尻ヘアカラートリートメントが改良され色が入りやすいです
利尻ヘアカラートリートメントが改良されました。ヘアマニキュアタイプであることは変わりないですが、色も増え、どんな点が改良されたのかを解説します。
利尻ヘアカラートリートメントでできた風呂場の汚れを取る
利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなどは、洗面所や浴室で、液剤をうっかり落としても、すぐにすすげば、汚れは、簡単に落ちますが時間が経ってしまった汚れは、落とすのにコツがあります。
白髪染めの色が抜けてくると白髪がキラキラしてくるのは何故
白髪染めをしていて、色が抜けてくると、白髪がキラキラしてくる理由とトリートメントタイプの白髪染めを使う理由をお伝えします。
泡タイプでトリートメントタイプの白髪染めは染めやすい?
最近、泡タイプで扱いやすくしかもトリートメントタイプの白髪染めが次々と発売になりました。体験した製品も含めていい点、悪い点などを検証します。
キラリとろーりムースとルプルプヘアカラーフォームを比較
キラリとろーりムースとルプルプヘアカラーフォームで白髪染めをしてみました。両方を比較してみました。