ルプルプヘアカラーフォームの全成分を詳し調べました

水、LPG、ベンジルアルコール、エタノール、BG、グリセリン、ソルビトール、
尿素、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、ガゴメエキス、ゼイン、
ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、
セラミドNP 又は セラミド3、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー葉油、
オレンジ油、水添コメヌカ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、
ステアルトリモニウムブロミド、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、
乳酸、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル
、オレイン酸フィトステリル、DPG、イソプロパノール、塩基性青99、
HC青2、塩基性茶16、4−ヒドロキシプロピルアミノ−3−ニトロフェノール、
HC黄4、HC黄2、塩基性赤76、ステアリン酸グリセリル

 

白髪ケアヘアフォームルプルプ公式サイトへ

 

 

 


沖縄久米島の推進612mの深海から採水される海洋深層水。
汚染の心配もない清浄な水でミネラルがたっぷり含まれています。
LPG
エアゾールの噴射剤として使われ臭いが少ない特性がある。
引火性が強いので、使用時の取り扱いには考慮する必要がある。
ヘアスタイリング用のフォーム、ヘアスプレー、泡が出るタイプの
洗顔料などに使われる。
ベンジルアルコール
染料の乳化状態を保つための溶剤として使われています。
通常の使用に問題はありませんがアレルギー反応のある成分です。
敏感肌の方はパッチテストを行ってください。

 

エタノール
エチルアルコールとも呼ばれる、一般的なアルコールです。
消毒素材として広く知られており、防腐効果や殺菌効果に優れています。
少量配合される分には問題のない成分です。

 

BG(正式名称1,3-ブタンジオール)
水との相性のいいアルコールの一種です。
スキンケア製品の保湿成分や防腐剤として使われています。
敏感肌の人にも使えるほど刺激性が少なく安全性が高いです。

 

グリセリン
多価アルコールの一種でグリセロールとも呼ばれています。
水と良くなじみ、肌への浸透力や保湿性に優れています。
安全性の高い物質です。

 

ソルビトール
ブドウ糖から合成されてできる糖アルコールの一種です。
水分を一定に保つ働きや肌の角質細胞に潤いを与える作用が
確認されています。
安全性が高いことから無添加化粧品にも好んで使われる物質です。

 

尿素
角質層に含まれている天然保湿成分のひとつです。
タンパク質を分解する働きがあり、古い角質のケラチンを分解して
肌を再生させることができます。
毒性の心配はありませんた、多量に使用すると刺激を感じます。

 

水添ナタネ油アルコール
ナタネ油を還元して得られる高級アルコールです。
油成分と水分を均一に乳化して分離させない、乳化安定を助ける役割です。
植物由来で毒性もないので、安全性は高いですよ。

 

ミリスチルアルコール
ヤシ油やパーム油といった天然植物油から抽出される高級アルコールです。
高級アルコールの一種ですがエタノールなどの揮発性アルコールとは
異なります。
乳化安定剤であり髪や肌になめらかさを与えます。
安全性の高い物質です。

 

ガゴメエキス
がごめ昆布とと呼ばれる褐藻類とろろ昆布属の食用海藻からとれる
エキスです。
保湿効果が高く、細胞の再生を促す効果も認められています。
天然昆布から得られるエキスで、原液をそのままスキンケアに用いる
ほど、安全性に問題はありません。

 

ゼイン
とうもろこしから抽出されるタンパク質です。
髪にハリ・コシを与える成分として注目されています。
ベニバナ赤
キク科の植物である紅花の花から抽出される天然色素です。
食品の着色に用いられるほど安全性が高いです。

 

クチナシ果実エキス
クチナシの果実から抽出されるエキスです。
消炎作用や鎮静作用、保湿作用があるので乾燥から肌を守り肌荒れを
防止する目的に用いられます。
漢方にも用いられてきた素材から抽出されるエキスですので
安全性は高いのですが、アレルギーの報告があります。

 

アイ葉/茎エキス
タデ科アイ(藍)の葉や茎から抽出されるエキスです。
美白作用や抗炎症・抗シワ作用に期待が持てます。
肌に直接触れる衣類の素材としてももちいられるので安全性が高いです。

 

ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸は、典型的なムコ多糖類の一つで、人間の体にも多く
存在しています。
保湿・保水力があり髪にツヤを与える事が期待できます。
体内に存在する古来なので、安全性が高いです。

 

セラミドNP又はセラミド3
捕逸効果に優れているため乾燥対策のスキンケア化粧品の他髪の
トリートメントなどにも多く使われています。
油にも水にも馴染む、抽出が難しく手間がかかる高価なセ成分です。

 

グリシン
別名グリココルと呼ばれるアミノ酸の一種です。
しらがぞめとしたは、保湿やアンチエイジングなどが期待されています。
安全性が高く口からの摂取においても副作用がないと言えます。

 

ラベンダー油
ラベンダーの花や葉から抽出されるオイルです。
昔から万能薬と言われるほど多くの効果が期待できます。
新陳代謝の促進、皮脂のバランスを保つ、脱毛を抑制するなどの
効果が期待できます。
安全性が高いです。

 

ローズマリー葉油
シソ科植物ローズマリーの主に葉から抽出される精油です。
脂性肌の改善作用、抗菌作用屋収れん作用が期待されています。
毒性による副作用の心配はないとされていますが、
高密度で使用すると、刺激が強いです。

 

オレンジ油
オレンジの果皮から抽出される精油成分で、オレンジオイルとも
呼ばれています。
殺菌、洗浄、皮脂分解、香料などの役割を果たします。
オレンジや柑橘類に対してのアレルギーがなければ安全な成分です。

 

水添コメヌカ油
コメのぬかから採れた油に水素を添加し、扱いやすくしたものです。
柔軟作用や保湿作用、メラニン色素の発生を抑える働きが
期待できます。
お米が原料ですから、アレルギーが起こる心配は、ほとんど
ありません。
ステアラミドプロピルジメチルアミン
ステアリン酸とジメチルアミノプロピルアミンから得られる
植物由来の界面活性剤です。
髪の吸着すことで、髪をしなやかにしたり帯電を防止する役割を
担います。
きしみを減らし、髪をまとまりやすくすることが期待されています、
比較的刺激が弱いので安全性は高いと言えます。

 

ステアルトリモニウムブロミド
第四級カチオン界面活性剤のひとつです。
帯電防止剤として傷んだ髪をケアし、髪のしなやかさを与えることに
使われる素材です。
ほぼ安全ですが、配合量に注意が必要です。
アレルギー反応の報告があります。

 

結晶セルロース
樹木や綿実から採取されるパルプから得られる水溶性食物繊維です。
乳化剤、安定剤、調整剤として用いられています。
毒性も確認されていないことから安全性は高いと言えます。

 

炭酸水素アンモニウム
アンモニア水と二酸化炭素より合成された白色の決勝性粉末です。
髪の毛を柔らかくして白髪染めなどの染料の働きを促進します。
粉末で売られている古来なので、安全性が高いです。

 

乳酸
生物に多く含まれている有機酸の一つです。
似たような名前の乳酸菌や乳酸ナトリウムとは異なります。
古い角質を落としやすくする効果の他、保湿、殺菌、収れん作用、
ph調整さようがあるとされています。
元々、体に存在する成分であることから、安全だとされています。

 

エチルヘキシルグリセリン
湿潤性と保湿性に優れているほか、消臭作用や抗菌作用が高いことから
シャンプーやリンス、トリートメントのほか、育毛シャンプーなどの
育毛ケア製品や白髪染めにも用いられています。

 

パルミチン酸エチルヘキシル
バルミチン酸と2-エチルヘキシルアルコールの化合物です。
比較的粘度が低く安定性に優れている化粧品などの肌なじみを
良くする成分として使われています。
皮膚への影響が少ないことから、安全性が高いとされています。
毒性はないとされており、通常の配合量で使用する上では問題は
ありません。

 

オレイン酸フィトステリル
植物由来のオレイン酸と植物由来のステロールからなる油性成分です。
皮膚や毛髪のエモリエント、コンディショニング成分として使用され
潤いと柔軟性を与えます。

 

DPG(ジプロピレングリコール)
保湿性が高く、肌にみずみずしさを与え感触をよくする効果が期待できます。
その他、乳化剤、殺菌剤として用いられています。
環境への影響も少なく毒性も低いとされている成分ですが、
配合については1.0%の基準が設けられています。

 

イソプロパノール
低級アルコールの一種です。
手術の皮膚や医療用具の消毒用アルコールとして使われています。
白髪染めには防腐剤として使われています。
肌に影響が少ない成分です。

 

塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76
合成染料の一種です。
自ら色を持っているので、ほかの薬剤と反応する必要がありません。
分子が小さいので、キューティクルを開く必要がなく、髪の表面の
内側まで染めることが可能です。
安全性の高い染料ですが、希にアレルギー反応を起こします。

 

HC青2、HC黄4、HC黄2
HCとは、ヘアカラーの意味で、ブリーチ作用のない染料に一種です。
髪に優しいカラーリングが楽しめます。
地肌につきにくい特徴があるので頭皮ダメージを軽減すると選ばれている
染料です。
比較的安心して利用できる染料です。

 

4−ヒドロキシプロピルアミノ−3−ニトロフェノール
主に、白髪染めの染毛剤として活用されています。
天然成分だけでは染まりにくいことを補う成分です。
安全性は高めですが、パッチテストで安全性を確かめてください。

 

ステアリン酸グリセリル
大豆油などの植物油脂に含まれる脂肪酸をエステル化して合成した
成分です。
乳化作用、分散作用、浸透作用に期待が持てるほか、皮膚に柔軟性と
潤いを与えると、期待が持たれています。
食品や医薬品にも異様されており、安全性は高いとされています。

 

 

白髪ケアヘアフォームルプルプ公式サイトへ

 

 

 

ルプルプヘアカラーフォームの全成分を詳し調べました関連ページ

ルプルプの全成分を詳しく解説しちゃいました!
ルプルプの全成分が表示されていますが、聞きなれないカタカナの羅列で何がどんなものなのかがわかりませんね。そこで、全成分を詳しく解説しました。
ルプルプにルプルプヘアカラーフォーム染まらない?詳細と口コミと体験
ルプルプに泡タイプの白髪染め「ルプルプヘアカラーフォーム」が新発売になりました。全成分や詳しい情報や口コミ、体験など徹底解説!